相場と豆知識

メニュー

2017年07月07日
バリエーションと注意点を更新。
2017年07月07日
出産内祝いをする相手それぞれへの配慮を更新。
2017年07月07日
相場と豆知識を更新。
2017年07月07日
基本的な流れとタブーを更新。

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

出産内祝いの選ぶポイントと料金相場

出産のお祝いで様々な方からお祝いの品を頂くと思います。頂いた方の年齢層も様々です。無事出産した後、報告も兼ねてお礼をするのが内祝いですが、そこで気をつけなければならないのが、出産祝いを頂いた方は身内なのか、友人、知人、同僚等なのか。
また、年齢層と頂いた品のおおよその金額によっても出産内祝いの品を選ぶ重要なポイントになります。内祝いの料金の相場は大体、頂いた品の金額の半分の金額位が一般的となっていますが、豪華すぎるのもかえって気を遣わせてしまう恐れがあるので気をつけなければなりません。また、身内ではない方へ名前入りの写真たてなどの、日常生活で使用するものを贈っても、使い道に困ってしまいますよね。身内なら記念に残るものの方が喜ばれるかと思います。ましてや自分の両親なら尚更です。
内祝いのカタログやサイトを見ると、名前入りのカステラやバウムクーヘンなどの食品から、名前や出生体重が記載されている写真たてなどの記念に残るものまで、多種多様に揃っていますし、カタログによっては内祝いを贈る相手の自分との続柄別で選ぶことができるようになっています。産後で万全ではない身体で慣れない育児をしている中、内祝いの品を選ぶのは大変ですが、続柄別に区分されているカタログや、人気の商品なども参考にして、その人に合った出産内祝いを贈りましょう。

出産の内祝いについて豆知識と知っておくべき知識

出産内祝いは、子供を出産した時に頂いたお祝いの中身や金額に合わせて選び贈る必要があります。仲の良い友達やお世話になっている親戚など年齢も幅広いです。相手に失礼にならない様に慎重に内祝いを選ぶ必要があります。まずは、贈る物ですが目上の人、同世代の友達といった相手によって贈る物を考えなくてはなりません。目上の人ですと派手な物やブランド物は失礼になる可能性があります。
迷うようであればカタログギフト等も検討すると良いです。次に出産祝いで頂いた内容に合わせた出産内祝いを贈る事が大切となります。安すぎる場合や逆に高価すぎる物を贈ってしまうと相手に余計な気を使わせてしまいます。頂いたお祝いの2分の1から3分の1くらいの予算で内祝いを準備すると良いです。また、内祝いの贈り忘れにも気を付ける必要があります。出産した直後は、忙しい日々が続きます。うっかり出産祝いを頂いた事を忘れてしまい内祝いを贈り忘れる事が多いです。いつ誰からお祝いを頂いたかしっかり書き残しておいて落ち着いたら内祝いを贈る事が重要です。
内祝いを渡す時期ですが、生後一ヶ月くらいのタイミングがベストです。遅くなると失礼になる為、出来るだけ早めに準備しておく事が大切です。

オススメ記事

出産内祝いをする相手それぞれへの配慮

内祝いはいただいた金額の3割を目安に考えましょう 出産後に双方の家族や親戚、または旦那さんの会社や妊娠中働いているお母さんなら自分の会社からとさまざまな方から出産祝いをいただくことがあると思います。まず基本的にはプレゼントとしてなにか物でいただいた場合は特にお返しは必須ではありません。出産祝いを差し上げる側もお返しを気にしないように物で渡すが多いからです。 出産のお返しの内…

詳細はコチラ

バリエーションと注意点

出産内祝いにお勧めの名入れギフトは? 出産内祝いに人気があるのが名入れギフトです。これなら赤ちゃんのお披露目も兼ねて贈る事ができます。ここでは名入れギフトで人気のギフトについて知りましょう。 ・洋菓子なら食べてもらえる 名入れギフトに人気のある洋菓子はバウムクーヘンやカステラ、クッキーなどの焼き菓子類です。パッケージに名前を入れる事のみならずお菓子自体にも名前を入れる人も…

詳細はコチラ

相場と豆知識

出産内祝いの選ぶポイントと料金相場 出産のお祝いで様々な方からお祝いの品を頂くと思います。頂いた方の年齢層も様々です。無事出産した後、報告も兼ねてお礼をするのが内祝いですが、そこで気をつけなければならないのが、出産祝いを頂いた方は身内なのか、友人、知人、同僚等なのか。 また、年齢層と頂いた品のおおよその金額によっても出産内祝いの品を選ぶ重要なポイントになります。内祝いの料金…

詳細はコチラ

基本的な流れとタブー

親なら知っておきたい出産内祝いの基本 子供が生まれたらする事は出産内祝いです。初めて親になる人達は知らない事も多いですね。ここでは出産内祝いについて知りましょう。 ・いつ贈ればいいのか 出産内祝いはお宮参りを終えた出産後30日を目安にしてお返しするようにします。退院するまでに時間を要する時など個人差がありますが、遅い時でも出産から2か月後くらいまでには届けるようにします。…

詳細はコチラ