バリエーションと注意点

メニュー

2017年07月07日
バリエーションと注意点を更新。
2017年07月07日
出産内祝いをする相手それぞれへの配慮を更新。
2017年07月07日
相場と豆知識を更新。
2017年07月07日
基本的な流れとタブーを更新。

カレンダー

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

出産内祝いにお勧めの名入れギフトは?

出産内祝いに人気があるのが名入れギフトです。これなら赤ちゃんのお披露目も兼ねて贈る事ができます。ここでは名入れギフトで人気のギフトについて知りましょう。
・洋菓子なら食べてもらえる
名入れギフトに人気のある洋菓子はバウムクーヘンやカステラ、クッキーなどの焼き菓子類です。パッケージに名前を入れる事のみならずお菓子自体にも名前を入れる人もいます。
・うどんに込められた思い
見た目にはめでたい紅白のうどんは太く末永い幸福を意味して、おめでたい席にはピッタシのギフトです。うどんなら年代を問わずに日本人はよく食べるので喜ばれるでしょう。
・タオルなら実用的
タオルはどこの家庭でも使いますから、安心して送る事ができるギフトになります。今治タオルなどの高級タオルを贈るのもいいでしょう。
・ドレッシングが意外にいい
毎日の食卓使われるドレッシングも贈り物に適しています。またジャムなども長く使う事ができるので、喜ばれるギフトになります。
・体重に合わせてお米を贈る
生まれた時の体重と同じ重さだけのお米に写真と名前を入れて贈る体重米もあります。これは抱き上げる事で赤ちゃんを実感してもらえるギフトになります。出産内祝いに贈るものは喜ばれるものを送るように考えてみましょう。

友達の出産の内祝いを贈る際に気を付ける事

友達や親戚でお子さんが産まれた場合に贈る内祝いは、選ぶ場合に気を付けなければならないポイントがあります。目上の人に対して内祝いを贈る際には、カラフルなタオルやブランドグッズを選択する事は控えた方が良いです。家の雰囲気に馴染まなかったり、派手で使いにくいといったケースが想定されます。年配の方に使いやすいタオルや日用品を選ぶと喜ばれます。
また、相手の生活スタイルや環境が把握出来ていない場合には、カタログギフト等を選択すると良いです。カタログギフトであれば、好きな物を選ぶ事が可能となります。次に内祝いを贈るタイミングですが、子供が産まれてから2ヶ月以内に贈る事が一般的になっています。遅くなり過ぎるとマナー違反となりますので、忘れない内に準備をしておく事が大切です。次に内祝いに掛ける金額ですが、出産祝いの1/3程度の予算で準備をすると良いです。高額な内祝いをしてしまうと相手に気を遣わせてしまいます。安すぎても相手の気分を損ねてしまうケースもあります。出産祝いの金額に合わせた内祝いを選択する事が重要となります。
最後に内祝いの贈り忘れが無いように夫婦でダブルチェックをする必要があります。出産祝いを貰った事を忘れている場合がある為、必ずメモ等を残して贈り忘れを防止すると良いです。

オススメ記事

出産内祝いをする相手それぞれへの配慮

内祝いはいただいた金額の3割を目安に考えましょう 出産後に双方の家族や親戚、または旦那さんの会社や妊娠中働いているお母さんなら自分の会社からとさまざまな方から出産祝いをいただくことがあると思います。まず基本的にはプレゼントとしてなにか物でいただいた場合は特にお返しは必須ではありません。出産祝いを差し上げる側もお返しを気にしないように物で渡すが多いからです。 出産のお返しの内…

詳細はコチラ

バリエーションと注意点

出産内祝いにお勧めの名入れギフトは? 出産内祝いに人気があるのが名入れギフトです。これなら赤ちゃんのお披露目も兼ねて贈る事ができます。ここでは名入れギフトで人気のギフトについて知りましょう。 ・洋菓子なら食べてもらえる 名入れギフトに人気のある洋菓子はバウムクーヘンやカステラ、クッキーなどの焼き菓子類です。パッケージに名前を入れる事のみならずお菓子自体にも名前を入れる人も…

詳細はコチラ

基本的な流れとタブー

親なら知っておきたい出産内祝いの基本 子供が生まれたらする事は出産内祝いです。初めて親になる人達は知らない事も多いですね。ここでは出産内祝いについて知りましょう。 ・いつ贈ればいいのか 出産内祝いはお宮参りを終えた出産後30日を目安にしてお返しするようにします。退院するまでに時間を要する時など個人差がありますが、遅い時でも出産から2か月後くらいまでには届けるようにします。…

詳細はコチラ

相場と豆知識

出産内祝いの選ぶポイントと料金相場 出産のお祝いで様々な方からお祝いの品を頂くと思います。頂いた方の年齢層も様々です。無事出産した後、報告も兼ねてお礼をするのが内祝いですが、そこで気をつけなければならないのが、出産祝いを頂いた方は身内なのか、友人、知人、同僚等なのか。 また、年齢層と頂いた品のおおよその金額によっても出産内祝いの品を選ぶ重要なポイントになります。内祝いの料金…

詳細はコチラ