基本的な流れとタブー

メニュー

2017年07月07日
バリエーションと注意点を更新。
2017年07月07日
出産内祝いをする相手それぞれへの配慮を更新。
2017年07月07日
相場と豆知識を更新。
2017年07月07日
基本的な流れとタブーを更新。

カレンダー

2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

親なら知っておきたい出産内祝いの基本

子供が生まれたらする事は出産内祝いです。初めて親になる人達は知らない事も多いですね。ここでは出産内祝いについて知りましょう。
・いつ贈ればいいのか
出産内祝いはお宮参りを終えた出産後30日を目安にしてお返しするようにします。退院するまでに時間を要する時など個人差がありますが、遅い時でも出産から2か月後くらいまでには届けるようにします。そして用意は早めにするようにしましょう。子供を産んで間もない時は赤ちゃんの世話が忙しくて体調の回復度合いもママ次第で違います。ですから内祝いの用意は妊娠中からしておくといいでしょう。内祝いで贈りたい商品を見つけておいたり、住所録を整理しておきます。
・どうやって贈るのか
基本的には相手を訪ねて手渡しするのがマナーになりますが、なかなか遠方で行く事が難しい時には品物を配送してもいいでしょう。今の時代では内祝いを買ったお店を通して送り先の家に直接届けるスタイルが多くなっています。また配送する時には出産の報告やお祝いに対しての感謝の言葉を添えたお礼状、もしくは赤ちゃんの顔写真や名前、お礼などを書いたメッセージカードも贈るようにするといいです。内祝いの基本的なマナーを押さえて、親になったら経験する事としてよく調べて間違えないようにしましょう。

出産内祝いをする時のポイント

自分に子供が生まれた時に、親戚や知人から出産祝いをもらいます。そのもらったお祝いのお返しをする事を出産内祝いと言います。そもそもは、子供が生まれた幸せを他の人にも分かち合うと言う意味で始められたのが出産内祝いです。しかし出産内祝いをする時に、いくらぐらいの物を贈ったらいいか迷う人も多いと思います。
出産内祝いは、一般的に出産祝いにもらった金額や品物の半額を返すと言われています。ここで一番やってはいけないのは、もらったお祝いより高い金額の品物を返す事です。贈る方は、高い物の方が喜んでもらえると思い善意で贈っても贈られた方が、悲しい思いをしたのでは意味がありません。そのため、出産祝いの半額を返すのがマナーです。

オススメ記事

相場と豆知識

出産内祝いの選ぶポイントと料金相場 出産のお祝いで様々な方からお祝いの品を頂くと思います。頂いた方の年齢層も様々です。無事出産した後、報告も兼ねてお礼をするのが内祝いですが、そこで気をつけなければならないのが、出産祝いを頂いた方は身内なのか、友人、知人、同僚等なのか。 また、年齢層と頂いた品のおおよその金額によっても出産内祝いの品を選ぶ重要なポイントになります。内祝いの料金…

詳細はコチラ

基本的な流れとタブー

親なら知っておきたい出産内祝いの基本 子供が生まれたらする事は出産内祝いです。初めて親になる人達は知らない事も多いですね。ここでは出産内祝いについて知りましょう。 ・いつ贈ればいいのか 出産内祝いはお宮参りを終えた出産後30日を目安にしてお返しするようにします。退院するまでに時間を要する時など個人差がありますが、遅い時でも出産から2か月後くらいまでには届けるようにします。…

詳細はコチラ

バリエーションと注意点

出産内祝いにお勧めの名入れギフトは? 出産内祝いに人気があるのが名入れギフトです。これなら赤ちゃんのお披露目も兼ねて贈る事ができます。ここでは名入れギフトで人気のギフトについて知りましょう。 ・洋菓子なら食べてもらえる 名入れギフトに人気のある洋菓子はバウムクーヘンやカステラ、クッキーなどの焼き菓子類です。パッケージに名前を入れる事のみならずお菓子自体にも名前を入れる人も…

詳細はコチラ

出産内祝いをする相手それぞれへの配慮

内祝いはいただいた金額の3割を目安に考えましょう 出産後に双方の家族や親戚、または旦那さんの会社や妊娠中働いているお母さんなら自分の会社からとさまざまな方から出産祝いをいただくことがあると思います。まず基本的にはプレゼントとしてなにか物でいただいた場合は特にお返しは必須ではありません。出産祝いを差し上げる側もお返しを気にしないように物で渡すが多いからです。 出産のお返しの内…

詳細はコチラ