出産内祝いをする相手それぞれへの配慮

メニュー

2017年07月07日
バリエーションと注意点を更新。
2017年07月07日
出産内祝いをする相手それぞれへの配慮を更新。
2017年07月07日
相場と豆知識を更新。
2017年07月07日
基本的な流れとタブーを更新。

カレンダー

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

内祝いはいただいた金額の3割を目安に考えましょう

出産後に双方の家族や親戚、または旦那さんの会社や妊娠中働いているお母さんなら自分の会社からとさまざまな方から出産祝いをいただくことがあると思います。まず基本的にはプレゼントとしてなにか物でいただいた場合は特にお返しは必須ではありません。出産祝いを差し上げる側もお返しを気にしないように物で渡すが多いからです。
出産のお返しの内祝いとは主に金銭でいただいた場合のお返しです。ここで気をつけたいのが、お返しをする相手にあわせた商品であることと、お返しの商品はいただいた金額の3割を目安にした商品を選ぶようにすることです。1万円なら2500円~3000円、2万円なら5000円ほどを目安にするといいと思います。あまり高価な商品でお返しをしてしまっては、せっかくお祝いをつつんでくれた側も気を使わせてしまったという気持ちになってしまいます。子供のためにと包んでくれたお金ですから無理にならない金額のものにしたほうがいいと思います。
家族や親戚には、子供の名入れのお米やフォトブック付きの商品ですともらった後でも飾れて喜ばれれると思います。反対に会社の同僚やお友達や知り合いには、名入れのものは重くなるので負担にならず残らないお菓子やジュースなどに顔写真付きのカードを添えるくらいが無難だと思います。また内祝いはお祝いをいただいてから2ヶ月から3ヶ月の間にはお返しするようにしましょう。

出産内祝いとは何か教えて?

出産内祝いとは何の事か知っていますか?今では結婚をする人が減っていますから結婚にまつわる事柄について知る機会が減ってきています。ここでは出産内祝いについて知りましょう。
・出産内祝いとは
内祝いの内とは家の事を言います。ですから内祝いの本来的な意味では家のお祝いになります。内輪において出産などの祝い事がある時には、出産祝いを貰う、貰わないに関わる事なく家族や親せき、近所の人達に赤ちゃんの出産を告げるために赤飯や紅白の餅を配ったのが始まりであると言われています。ですが、今では内祝いとはお祝いのお返し的な意味で使われる事が多いです。
・両親に贈る時
親から祝いを貰った時にはお返しはいらない、と言われる人もいます。身内だからお返しはいらないという考え方もありますが、両親はこれから先、子供が育っていく中で何かと面倒も見てもらう事もあるので、気持ちとして内祝いを用意しておきましょう。例えば両親だからこそ喜んでくれる赤ちゃんの体重や身長、写真が入ったメモリアムアイテムがいいでしょう。出産内祝いという言葉自体初めて聞く人もいますね。結婚しない人が増えて自分には関係なくなっている人が多いです。これを機に出産内祝いについて頭に入れておきましょう。

オススメ記事

出産内祝いをする相手それぞれへの配慮

内祝いはいただいた金額の3割を目安に考えましょう 出産後に双方の家族や親戚、または旦那さんの会社や妊娠中働いているお母さんなら自分の会社からとさまざまな方から出産祝いをいただくことがあると思います。まず基本的にはプレゼントとしてなにか物でいただいた場合は特にお返しは必須ではありません。出産祝いを差し上げる側もお返しを気にしないように物で渡すが多いからです。 出産のお返しの内…

詳細はコチラ

バリエーションと注意点

出産内祝いにお勧めの名入れギフトは? 出産内祝いに人気があるのが名入れギフトです。これなら赤ちゃんのお披露目も兼ねて贈る事ができます。ここでは名入れギフトで人気のギフトについて知りましょう。 ・洋菓子なら食べてもらえる 名入れギフトに人気のある洋菓子はバウムクーヘンやカステラ、クッキーなどの焼き菓子類です。パッケージに名前を入れる事のみならずお菓子自体にも名前を入れる人も…

詳細はコチラ

基本的な流れとタブー

親なら知っておきたい出産内祝いの基本 子供が生まれたらする事は出産内祝いです。初めて親になる人達は知らない事も多いですね。ここでは出産内祝いについて知りましょう。 ・いつ贈ればいいのか 出産内祝いはお宮参りを終えた出産後30日を目安にしてお返しするようにします。退院するまでに時間を要する時など個人差がありますが、遅い時でも出産から2か月後くらいまでには届けるようにします。…

詳細はコチラ

相場と豆知識

出産内祝いの選ぶポイントと料金相場 出産のお祝いで様々な方からお祝いの品を頂くと思います。頂いた方の年齢層も様々です。無事出産した後、報告も兼ねてお礼をするのが内祝いですが、そこで気をつけなければならないのが、出産祝いを頂いた方は身内なのか、友人、知人、同僚等なのか。 また、年齢層と頂いた品のおおよその金額によっても出産内祝いの品を選ぶ重要なポイントになります。内祝いの料金…

詳細はコチラ